• 戻る 商品画像一覧
    1 / 12

    目にするたび笑顔咲く、私色に染まる『スリム長押』

    目にするたび笑顔咲く、私色に染まる『スリム長押』

    選択してください

    上記より商品パターンを選択してください
    配送や配送料についてご確認の上、お買い求めください。 詳細を表示する

    商品のポイント

     

    ディスプレイも収納も、アレンジ無限大
    十人十色の使い道



    飾ったり、しまったり。
    使う人が変わっても、場所が変わっても、そのたびに色を変えていく、そんなアイテムです。

    <そもそも長押ってなに?どんなもの?>
    長押とは、和室の柱と柱を繋ぎ、壁をぐるりと取り囲むよう取り付けられた化粧部材のことです。
    日本特有の建築様式で、古くから取り入れられてきました。


    長押は化粧部材なのですが、手を伸ばして丁度いい高さにあることと、少し出っ張っていることもあり、フックやハンガーを引っ掛けて活用している人も少なくありませんでした。


    ほうきやはたきを吊るしたり、学生服や着物を掛けたり、額に入った賞状を飾ったり…そんな光景をおばあちゃんの家で見たことがある人もいるかもしれませんね。

    現在、建築様式が変わり、和室空間も少なくなり、長押がある住居は少なくなってきました。
    そんな中、壁を活用するアイテムとして登場したのが、付長押です。

    <用途を選ばず幅広い使い方ができるのが魅力>

    付長押は、室内の壁の好きな場所に取り付けられるのが魅力のひとつ。高さもお好みで取り付けられるので、使う人の身長や、お子様の成長に合わせて変えることもできます。


    薄型なので、棚やコート掛けを置くには狭いけれど…という場所でも大活躍。スペースを取らずにコートや洋服、こまごまとしたアイテムの収納場所を作ることができます。
    サッと取り出せて、サッとしまえる。そんなお手軽さも魅力のひとつです。


    さらにこちらのアイテムは、上部に溝があるため、CDや本、お気に入りの絵画や置物などを並べて飾ることもできます。


    小ぶりなフックもついているため、小さなアイテムも引っ掛けやすいです。フックはレールで好きな位置に動かせるのも嬉しいポイント。いろんなアレンジが楽しめます。

    <賃貸で安心して使える、跡が目立たないピン>
    「でも、賃貸だから壁に穴を開けるのには抵抗がある」…そんなお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。こちらのアイテムは、住宅に多い石こうボードの壁専用の細いピンで取り付けができるので、外した跡がほとんど目立ちません。


    ネジはもちろん、画鋲よりも小さいくらいの跡しか残らないので、賃貸や新築の方でも安心して使っていただけます。
    跡が目立たないくらいの細いピンを使いますが、耐荷重はしっかり5㎏あるので、重たいウールのコートなどもばっちり掛けられます。

    <ぴったりが選べる2カラー、2サイズ>

    カラーは住宅の建具やインテリアに合う、木目の入ったやわらかい色合いのアイボリー、ナチュラルの2色展開。木目のシートは均一できれいな木目なので、洗練されスッキリした印象を与えてくれます。
    サイズは40cm、60cmの2サイズ展開。ちょっとしたスペースにぴったりのサイズ感になっています。異なるサイズを組み合わせて使うのもおすすめです。

     

    Information

    ー仕様・サイズー

    ■材質:<本体> アルミラッピング
        <キャップ> 樹脂
        <フック> スチールメッキ
    ■商品サイズ:40.4×4.7×2.9cm
           60.6×4.7×2.9cm
    ■耐荷重:全体5kg
         1フックあたり 5kgまで

    ー取り付け方ー

    付属の石こうボード用の細ピンを使い取り付けます。
    ネジとは異なり、穴がほとんど目立たないため、賃貸や新築にもおすすめです。
    詳しい取り付け方はこちら
    壁が石こうボードか見分ける方法はこちら

    ー注意事項ー

    <取り付け時の注意>
    ・この商品は室内の壁面用になっています。天井や屋外で使用しないでください。
    ・付属しているピンは、石こうボード用です。木壁や木桟などには付属のネジをご使用ください。
    ・貴重品や壊れやすいものの上には掛けないでください。
    ・ピン先がとがっているので、怪我にご注意ください。

    <安全にお使いいただくために>
    ・貴重品や壊れやすいものは掛けないでください。
    ・垂直以外の方向には荷重を掛けないでください。
    ・表示荷重を守ってください。
    ・掛けたものを引っ張らないでください。

    <取り外し時>
    ・取り外しの際は、ペンチなどを使い、ピンを1本ずつ丁寧にゆっくりと抜きます。

     

     

    この商品が登場する関連読みもの

      商品仕様

      Customer Reviews

      Be the first to write a review
      0%
      (0)
      0%
      (0)
      0%
      (0)
      0%
      (0)
      0%
      (0)